カンボジア出身外国人研修生を受け入れるメリット

  • 外国人技能実習生を受け入れるメリット

    • グローバル社会では、日本から多くの若者が外国に飛び出して活躍しているのと同じように、近年ではアジア諸国の産業発展への貢献を目的とした外国人技能実習生制度を取り入れる民間企業の数も増え始めてきました。この制度は中国・ベトナム・カンボジア・タイなどの若い人材を日本の民間企業に派遣することによって、日本で培われた技術を派遣元の国に移行し人材の育成を図っています。



      そのためにはもちろん民間企業の協力が不可欠ですが、受け入れ側にもさまざまなメリットがあります。

      例えばだんだんと高齢化している日本の企業では、若い人材を入れることにより職場の活性化を図ることができます。

      また、外国人技能実習生は母国で日本語の会話だけでなく、専門技術を十分に身に着けているので、即戦力として期待することができます。


      それから実習生に技術を教える工程の中でもう一度企画の見直しができ、より良いプランを取り入れることができたという企業の例もあります。


      外国人技能実習生を積極的に受け入れている企業は、国際化に一歩前進しているというプラスのイメージが持たれやすくなっています。

      実習生も高い日本の技術を覚え、帰国してから母国の発展のために尽くすという誇りを持って仕事に従事しています。


      実習生と民間企業の双方のそういったポジティブ意識が相乗効果をもたらし、ますますこの制度の拡大に貢献しています。



      文化の違いを超えて、仕事を通じてひとつの同じ目標に向かって進むということで、お互いが理解し合えるようになり国境を取り払った団結が実現できるのです。



  • 関連リンク

    • グローバル社会では、日本から多くの若者が外国に飛び出して活躍しているのと同じように、近年ではアジア諸国の産業発展への貢献を目的とした外国人技能実習生制度を取り入れる民間企業の数も増え始めてきました。この制度は中国・ベトナム・カンボジア・タイなどの若い人材を日本の民間企業に派遣することによって、日本で培われた技術を派遣元の国に移行し人材の育成を図っています。...

    • 外国人技能実習生制度とは厚生労働省と経済産業省等により創設された制度で、おもに発展途上国の経済、産業発展のために実習生を派遣し最長3年間のもと日本で様々な産業での知識や技術を獲得しこれを自国に持ち帰り国益の発展に寄与してもらおうとする国際協力の一環です。日本では外国人技能実習生に対して公益財団法人国際研修協力機構JITCOが全面的なバックアップを行っています。...