カンボジア出身外国人研修生を受け入れるメリット

  • 外国人技能実習生受け入れのメリット

    • 外国人技能実習生制度とは厚生労働省と経済産業省等により創設された制度で、おもに発展途上国の経済、産業発展のために実習生を派遣し最長3年間のもと日本で様々な産業での知識や技術を獲得しこれを自国に持ち帰り国益の発展に寄与してもらおうとする国際協力の一環です。日本では外国人技能実習生に対して公益財団法人国際研修協力機構JITCOが全面的なバックアップを行っています。


      外国人技能実習生の出身国は中国、ベトナム、タイ、ネパール、フィリピンなど様々で年齢層も20〜30代が多くを占めており、それぞれ文化や宗教が異なるなか共同生活を行い日本の文化にも慣れ親しんでいきます。

      外国人技能実習生を受けいれるメリットには以下のようなものがあります。


      1つ目は実習生は大きな夢や希望を抱いて日本にやってくるためとても真面目で勤勉です。
      そのため職場内は若い彼らの影響を受けて活性化し生産性や指導、教育していく能力が向上することが期待されます。



      さらには異国の言語や文化に触れることでグローバルな視点で物事を捉えられるようになります。



      2つ目は東南アジアからの実習生が多いため企業として今後海外に進出していく際には実習生を海外拠点でのリーダー候補として育成し制度終了後も継続して採用することができます。

      3つ目は日本だけでなく世界規模での人材づくりに携わることができる絶好の機会となります。



      このように外国人技能実習生を受け入れることで実習生と企業双方に大きなメリットがあるのです。

  • 関連リンク

    • 外国人技能実習生は日本各地で活躍しています。導入を考えているなら、外国人技能実習生を紹介する団体や機構を利用します。...

    • グローバル社会では、日本から多くの若者が外国に飛び出して活躍しているのと同じように、近年ではアジア諸国の産業発展への貢献を目的とした外国人技能実習生制度を取り入れる民間企業の数も増え始めてきました。この制度は中国・ベトナム・カンボジア・タイなどの若い人材を日本の民間企業に派遣することによって、日本で培われた技術を派遣元の国に移行し人材の育成を図っています。...