カンボジア出身外国人研修生を受け入れるメリット

  • 外国人技能実習生と共に働く

    • 外国人技能実習生は日本各地で活躍しています。

      導入を考えているなら、外国人技能実習生を紹介する団体や機構を利用します。


      一般的に外国人技能実習生は日本に来る前に現地で必要な研修やトレーニングを受けてきます。


      最大限の日常会話も学んできます。

      経営者の中には、言葉の不自由を心配する人もいます。

      基本的な単語は学んでいるため、簡単なコミュニケーションはほとんど問題ありません。
      外国人技能実習生は生活全般についても理解しています。

      研修には日本での生活の仕方や文化習慣などを学ぶことも含まれるからです。


      実習生の受け入れを決めたなら、担当者を取り決める必要があります。


      人数にもよりますが、業務面と生活面のそれぞれをサポートする担当者を配置します。

      生活面には、買い物や医療面が含まれます。
      長距離電話の掛け方やネット環境を整えることも必要です。
      言葉の壁により問題が生じないように、良くコミュニケーションを図るようにしましょう。
      安全に生活して働けるような環境にしなければいけません。



      環境に馴染むまでには時間がかかります。


      慣れると日本人と変わりなく仕事ができるようになります。


      少子高齢化に伴い、今後も外国人技能実習生が必要とされます。



      受け入れ体制を整え、十分なサポートをすることでお互いが気持ちよく働くことができるでしょう。



      団体や機構によってはアフターケアをしている所もあります。


      通訳などのサービスもあり問題があれば助けてくれます。

  • 関連リンク

    • 外国人技能実習生制度とは厚生労働省と経済産業省等により創設された制度で、おもに発展途上国の経済、産業発展のために実習生を派遣し最長3年間のもと日本で様々な産業での知識や技術を獲得しこれを自国に持ち帰り国益の発展に寄与してもらおうとする国際協力の一環です。日本では外国人技能実習生に対して公益財団法人国際研修協力機構JITCOが全面的なバックアップを行っています。...

    • 日本で稼ぐことは、家族を助ける内容へ外国人技能実習生は捉えています。日本人が外国人と一緒に働く環境になれば、ひとつひとつの内容を細かくチェックしていくことになり、彼らの心情を察していく要素が大切です。...